superi

働かないために全力で働くスタイル

コスパ最強のロボット掃除機 iLIFEで家事の時短を実現!


スポンサーリンク

f:id:ukichang:20190120215841j:plain

家事に費やす時間があれば勉強したり余暇に費やしたほうがQoL上がるよなあと悩んだ挙句、ロボット掃除機を購入して半年使ってみた僕の感想です。

買った機種

私が買ったのはiLIFEという中国メーカーのロボット掃除機です。ライナップは6機種あるのですが、僕が購入したのはフローリングだけでなくカーペット掃除にも対応しているA4sというタイプ。水拭きはできませんが、価格は17,000円ほどで、ルンバや他のロボット掃除機の半額以下と圧倒的に安かったのが決め手で購入しました。


安いけど中国製だしなぁという思いと、AI技術はチャイナ強いしなぁと期待と不安な思いで到着を待っていました。

使ってみた結果

結論、買って正解でした!

吸引力は普通の掃除機と遜色なし

ゴミの取りこぼしもなくカーペットの毛なんかもちゃんと取れていました。
私の部屋は35平米くらいですが、1時間かけて4周くらい稼働しているようです。ムラなく掃除しているようで、机やベッドの下も掃除してくれます。壁や家具なども回避する機能があり、障害物があれば避けて掃除してくれます。

帰宅したら掃除が終わっている

自力で充電スタンドに戻ってくれるので、朝出勤前にスイッチを入れて出かければ帰ってきたとには部屋がキレイになっていて感動します!

時短ができた

1回の掃除が15分、週に2回掃除機かけるとすると1年で約26時間、時間を捻出することができます。これは時給2,000円と換算すると52,000円ですので、4ヶ月ほどで投資した費用を回収できる計算です。

気をつける点

コード類に絡まって息絶えているw

コードを誤って吸い込んでしまって身動き取れないようになり、帰宅したら息絶えたiLIFEに対面した事がありますw
f:id:ukichang:20190120223009j:plain
ロボット掃除機であればどの機種でも起こり得る事象だとは思いますが、スイッチを入れる前にコード類は片付けて置く必要があります。

玄関に身を投げて息絶えているw

段差を乗り越えてしまうor転落してしまって、帰還できないことがあります。上位機種のA6であれば仮想壁機能によりエリア指定ができるのですが、ケチってしまった僕は物理的にブロックをして転落事故を防いでいます。こんな感じw
f:id:ukichang:20190120223153j:plain

まとめ

ロボット掃除機を買おうか迷っていて、定番のルンバはやはり高い!
そう思っている方、iLIFEをご検討されてはいかがでしょうか