superi

働かないために全力で働くスタイル

ベンチャーから大手への転職は可能か


スポンサーリンク

f:id:ukichang:20190114231526j:plain

前回ベンチャー企業に就職した話をしましたが、ベンチャー企業(スタートアップ)に不幸にも就職してしまって、激務で心と体が死にそう、会社が潰れそうになった、お給料が上がらないなど、何らかの理由で転職したい、やっぱり大手だ!と思った場合、その実現可能性について触れたいと思います。

www.superi.jp

スタートアップから転職してホワイト企業に脱出可能か

結論から言うと可能です。僕が転職してスタートアップからメガベンチャー(Yahoo、楽天、リクルート、サイバーエージェント、DeNAのどれか。以後B社)に行きました。スタートアップから大手への転職によるキャリアアップ。おまけに年収も100万円ほどアップしました。

スタートアップから大手へ転職するためのポイント

主に4つあると考えています。

1. 同業他社もしくは同職種での転職
実務経験やドメイン知識があれば他の候補者より有利で、採用する側も即戦力として安心感があります。

2. 若さ
若い方がポジションも多いです。第二新卒枠もあり、業界未経験であってもポテンシャルで採用してもらえます。学生時代の専攻などをアピールできます。

3. 市場が成長しているドメイン
成長市場だと、競合の大手も人手不足のため、積極採用しています。私のスタートアップ時代の同僚も何人かB社に入社したため、スタートアップ時代の上司役員から、ウチは養成学校じゃないと言われるほどでした笑

4. マーケットニーズの高いスキルを持っている
クリエイターやエンジニア、データサイエンティストなどはIT業界を中心に大手でもニーズが高くポジションも多いです。基本的に中途採用は即戦力を求めているケースが多いのでスキルが重要となります。

トレンディーな業界でホットなスキルを持つことが大事

結局この2点が満たされた上でスタートアップで働いていれば、会社に何かあった際のリスクヘッジとして機能します。私も働いていたスタートアップが、新卒2年目のときに経営危機に陥った際に、この2点をおさえられていたためうまく逃げ切りました。
たいていのスタートアップは流行りのビジネスをやってらっしゃると思うので、もし転職したくなっても十分可能かと思います。
繰り返しになりますが、何も考えず組織から与えられた仕事をこなすのではなく、戦略的にチャンスをつくってキャリア形成していくことが大切です。

転職に必要なことがわかったら、こちらから転職サイトに登録!