superi

ミレニアル世代のライフプランを提案するメディア

EC2上のIPython notebookからRDSに接続する

前回はRDSにDataBaseを作成しました。

 

www.superi.jp

 

今回はこのDataBaseにEC2上のIPython notebookから接続してみましょう。

 

IPythonからPostgreSQLに接続するため、Psycopg2というライブラリをインストールします。

インストールにはEC2に接続して以下のコマンドを実行する必要があります。

$ sudo apt-get install python-dev libpq-dev

$ sudo apt-get install python-setuptools

$ sudo easy_install psycopg2

インスタンスへの接続方法はこちら。

 

www.superi.jp

 

インストールが完了したらIPython notebookを開いてライブラリをインポートします。

In [4]: import psycopg2

 

次にコネクションを作成します。接続先はRDSのダッシュボードで確認しましょう。

hostはダッシュボードのEndpointを入力してください。dbname, user, portはご覧のとおりだと思います。passwordはDatabase作成時に登録したものを入力してください。

f:id:ukichang:20141212121734p:plain

In [5]:
conn = psycopg2.connect(dbname="databaserds",
host="database.cktqxr5xwzco.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com",
port=5432,
user="root",
password="rdsforpostgres")  

上記コマンドでコネクションが作成されました。

次回はEC2からテーブルのcreate を行いたいと思います。

 

 

www.superi.jp

参考URL

PostgreSQLをPythonからpsycopg2を使っていじる — そこはかとなく書くよん。

PsycopgでPythonからPostgreSQL 9.3.2に接続する - Symfoware

Tableau Desktopから色々なデータソースに繋いでみる(Amazon RDS(PostgreSQL)編) | Developers.IO